種類について 正しい選び方 安全な使い方 点検・修理



車椅子の安全な使い方



車椅子を使うと、家の中での移動もスムーズで、外出も楽しくできるようになり、暮らしの行動範囲も、とても大きく広がります。
利用者の体格や、身体状況に合った車椅子を利用するのはもちろんですが、介護者にも無理のない車椅子で、安全に利用して下さい。



●移乗 
車椅子に乗る方を介助者がベッド等から移乗させる方法です。双方にとって安全で負担の少ないことが大変重要です。


介助者が片足を相手の膝の間に差し込んで、腰を支えながら立ち上がらせます。


介助者の膝で相手の膝を支えながら、車椅子のほうにお尻を向ける。


ゆっくりと腰を下ろしてもらう。「1、2の3」などと声をかけながら、協力しあう。)


■ 注意事項 ■
車椅子に座る前に、確実に駐車ブレーキが掛かっていることを必ず確認して下さい。



 

外出の際には、焦らずゆとりを持った横断・走行を心がけましょう!


●一般の道路など

車椅子の安全な使い方は『ゆっくり確実に』が基本です。
車椅子は歩行者として取り扱われます。歩行者としてのルールとマナーを守ることはもちろんです。


■ 注意事項 ■ 
外出の前にタイヤの空気圧など、車椅子の点検をしっかりしましょう。
下り坂は加速がつき危険です。いつでもブレーキがかけられるように、慎重に乗りましょう。
車道はできるだけ走らずに、歩道や十分な幅のある路側帯を通りましょう。




●上り坂

介助者(押す人)は体を少し前に倒して、押し戻されないように一歩づつしっかりと押します。




●下り坂

坂が急なときにはブレーキを軽く使い、後ろ向きに一歩づつ下ります。
安全ベルトも必ずご利用下さい。




●段差のある場所
  
上るときはティッピングレバーを踏んで前輪を上げて(浮かせて)進み、続いて後輪を押し上げます。
下るときは後ろ向きで進み、まず後輪を下ろし、ティッピングレバーを踏んで前輪を上げたままゆっくりと後進します。




●階段など

階段等の上り下りは、基本的には二人以上で支えます。
一人は下から脚部のパイプを、もう一人は上から押手を持ちます。
※車椅子の脚部が脱着式だったり、背折れ機能がある場合には、車椅子の本体フレームを持ちます。
※一段ごとに協力し、うまくタイミングを取って下さい。


■ 注意事項 ■
肘掛けや脚部が脱着式もしくは跳ね上げ式の車椅子は、人を乗せたままその部分を持って持ち上げないで下さい。
外れたり破損した場合、大変危険です。

 

 

 

お問い合わせは

ミヤジマ石油 サイクル事業部
〒416-0945 静岡県富士市宮島272-2
TEL:0545-61-3458